胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査|中山駅南口内科クリニック|横浜市緑区の内科・消化器内科(胃カメラ・大腸内視鏡検査)

TEL 045-929-5557

JR横浜線、地下鉄グリーンライン 中山駅南口より徒歩1分

胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査

胃内視鏡検査(胃カメラ)

経口内視鏡(口からの胃カメラ)

※新型コロナウイルスの影響で現在内視鏡検査を中止しております。

胃カメラといえば一般的にはこちらのイメージでしょう。
口から挿入する胃カメラです。苦痛を少なくするポイントは「鎮静」と「挿入方法」です。

経口内視鏡は舌根部(舌の付け根)に内視鏡が触れてオエッとなりやすいため、前処置として鎮静剤を注射して、患者さんが半分眠った状態で検査をします。
また挿入時に内視鏡をのどの後壁(うしろ側)に沿うようにして 挿入していくと苦痛が軽減されます。

慣れている方や鼻腔が狭い方はこちらがおすすめです。

経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)

※新型コロナウイルスの影響で現在内視鏡検査を中止しております。

近年急速に普及している「鼻から入れる胃カメラ」です。
大手内視鏡メーカーの検査後アンケートによると約9割の患者さんが 経口内視鏡より経鼻内視鏡の方が楽だったと回答しています。

内視鏡が舌根部に触れないためオエッとなりにくく、鎮静剤の注射は原則不要となります。 鼻腔がひろい方は圧倒的にこちらが楽なようで、検査中に医師と会話が出来る患者さんも多くいます。

検査後すぐに仕事や日常生活に戻れるのも大きなメリットです。

どっちがおすすめ?

内視鏡専門医の中でも意見が分かれそれぞれ一長一短がありますが、一般的には経鼻内視鏡の方が楽に検査を受けられるようです。 しかし経口内視鏡の方が楽だったという患者さんも10人に1人くらいの頻度でいらっしゃいますので一概には言い切れません。

ちなみに私自身は両方の検査を受けたことがありますが、経鼻内視鏡の方が圧倒的に楽でした。

経鼻内視鏡は経口内視鏡に比べ画素数が少ないため画質が落ち病気の見落としにつながるとの意見もありますが、 苦痛が少ないぶん検査に集中して細かい観察が出来ますし、最近の経鼻内視鏡は画質も飛躍的に改善しているので心配ありません。

PAGETOP

大腸内視鏡検査

※新型コロナウイルスの影響で現在内視鏡検査を中止しております。

おしりから内視鏡を挿入し大腸の奥まで観察します。

挿入には高度な技術が必要で、検査時の苦痛は内視鏡医のスキルにより大きく左右されます。
内視鏡で大腸が伸ばされると強い痛みが発生するため、曲がりくねった大腸を伸ばさないように折りたたんで挿入していきます。

また内視鏡からの送気量が多いと大腸が風船のように膨らんでしまい、折りたたんで挿入することが難しくなってしまいます。
無送気あるいは極少送気で行えば大腸はたたみ易く、直線的に挿入できるため苦痛が少なくなります。

日帰り大腸ポリープ切除術

大腸ポリープ切除術

当院では、大腸内視鏡検査の時に見つかるポリープの多くは、その場で切除することが可能です。

ごくまれに、切除部位からの出血や、大腸に穴が空いてしまう穿孔が起こることがありますが、経験を積んだ専門の内視鏡医が行えば、こういった偶発症が起きる可能性は限りなくゼロに近いものです。

検査成績について

これまで勤務してきたクリニックで私の大腸内視鏡検査をお受けになって、強い苦痛を訴えた患者さんはほとんどいらっしゃいません。

最近の成績では盲腸までの到達率99%以上、挿入時間2~15分、ポリープ切除まで含めた総検査時間15~30分、 穿孔などの重篤な偶発症ゼロと自分でも納得できる成績になっています。

しかし手術後や腹膜炎後の患者さんで検査に難渋するケースもまれにあり、大腸内視鏡検査の奥深さを実感しています。

今後も苦痛の少なく安全な検査を提供できるように一人一人の患者さんに細心の注意を払って検査していきたいと考えています。

サイドバー

ネット予約

よくあるご質問

中山駅南口内科クリニック

〒226-0019
神奈川県横浜市緑区中山4-41-1-2F

TEL:045-929-5557

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00
胃内視鏡検査
大腸内視鏡検査

胃内視鏡検査:9:00~13:00
大腸内視鏡検査:14:00~15:00
★…現在中止

終了時刻の10分前まで受付
休診:水曜・日曜・祝日

診療時間・アクセスはこちら

  • 楽々!内視鏡検査
  • ツイッター
  • Facebook